エンタメ ブログ 一覧 最新記事

ー追悼 尾崎豊ー「今年で何回忌?」「今生きていたら何歳?」一覧まとめ

投稿日:2021年4月25日 更新日:

スポンサーリンク

<スポンサード リンク>




4月25日は早すぎた伝説のロックシンガー尾崎豊の追悼日。今年は没後何回忌?

4月25日、早すぎた伝説のロックシンガー尾崎豊(享年26歳)が亡くなって、もうどれほどの年月が過ぎたのでしょうか?
当時まだ2歳だった一人息子の尾崎裕哉も2016年27歳でメジャーデビューしました(シングル『始まりの街』)

あの頃、尾崎豊を兄のように慕っていた人も、同年代だった人も今ではすっかり大人になって、新しい家庭の中にいることでしょう。

時代も年号も変わって、街も人も価値観さえも何もかもが変わってしまいましたが…

今でも、尾崎豊の曲だけは変わりません。

彼が残してくれた言葉と音楽、そしてその想い。それらをファンが持ち続けている限り尾崎豊という存在は永久に普遍的なのです。

そしてこれからも、孤独で刹那的に生きる若者たちの心と共感し、聴き継がれていくのではないでしょうか。

ー追悼 尾崎豊ー 没後・回忌・年齢まとめ

そして、ファンにとって毎年気になるのが「今年で何回忌?」「今生きていたら何歳?」という話題です。
これに関しては、どこもまとめていなかったようなので、一覧にまとめてみました↓

ー追悼 尾崎豊ー 没後・回忌・年齢まとめ

1992年4月25日(葬儀・追悼式)享年26歳
1993年4月25日(1周忌)
1994年4月25日(3回忌)
1995年4月25日(4回忌)
1996年4月25日(5回忌)30歳
1997年4月25日(6回忌)
1998年4月25日(7回忌)
1999年4月25日(8回忌)
2000年4月25日(9回忌)
2001年4月25日(10回忌)35歳
2002年4月25日(11回忌)
2003年4月25日(12回忌)
2004年4月25日(13回忌)
2005年4月25日(14回忌)
2006年4月25日(15回忌)40歳
2007年4月25日(16回忌)
2008年4月25日(17回忌)
2009年4月25日(18回忌)
2010年4月25日(19回忌)
2011年4月25日(20回忌)45歳
2012年4月25日(21回忌)
2013年4月25日(22回忌)
2014年4月25日(23回忌)
2015年4月25日(24回忌)
2016年4月25日(25回忌)50歳
2017年4月25日(26回忌)51歳
2018年4月25日(27回忌)52歳
2019年4月25日(28回忌)53歳
2020年4月25日(29回忌)54歳
2021年4月25日(30回忌)55歳
2022年4月25日(31回忌)56歳
2023年4月25日(32回忌)57歳
2024年4月25日(33回忌)58歳

若者の代弁者、教祖的カリスマと呼ばれた尾崎豊も、今現在(2021年)もし生きていればもう55歳なんですね…(^^;

自分の仮想イメージとしては矢沢永吉長渕剛のように、今でも熱狂的なライブ活動と破天荒な話題(ご想像にお任せしますw)で年代を超えた音楽活動をやってるんだろうなあ~なんて思います。

ちなみに、自分が一番好きな尾崎豊のアルバムは(全部好きすぎて決められないですけどw)、彼の生前最後の遺作となった「放熱への証」がやっぱり一番印象が強く、思い入れのあるアルバムです。

 

早すぎた伝説のロックシンガー尾崎豊(享年26歳)に捧ぐ。

【尾崎豊26歳、早すぎる突然死の原因と真相】

1992年(平成4年)4月25日(土)早朝、当時の尾崎の自宅であるマンションから約500メートル離れた、足立区千住河原町の民家の軒先に全裸で傷だらけで倒れていたところを住人に発見された。5時45分ごろ、通報で墨田区内の白鬚橋病院に運び込まれる。

診察した医師は「生命に関わることも考えられるので、専門医に診てもらった方がいい」と診断したが、尾崎は妻と兄とともに自宅マンションに戻る。
しかし、10時頃になって容体が急変、呼吸が止まっているのに気がついた家族が約1時間後の11時9分に119番通報。

日本医科大学付属病院で手当てを受けるも、午後0時6分に死亡した。死因は肺水腫。

後日、雨の降る中4月30日(木)東京都文京区の護国寺にて葬儀・追悼式が行われ、参列者は4万人近くに上り、規模は美空ひばり、吉田茂に匹敵するものとなった。
密葬は日蓮正宗にて営まれた。戒名は「頌弦院智心碩豊居士」、墓所は埼玉県所沢市の狭山湖畔霊園にある。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』尾崎豊より)


【オザカラうんちく】2009年04月25日(土) に、自主開催コミュニティの「オザカラ福岡」を初開催して、もう10年以上も経ちますけど…、当時は『尾崎豊onlyカラオケ』の交流はありましたが、まだ”オザカラ”という概念ではなくて、この”オザカラ”という通称名を全国で一番最初に使いだしたイベントは自分が全国で初だったんじゃないかな?…なんて。信じるか信じないかはアナタしだいです(笑)

<スポンサード リンク>




<スポンサード リンク>




-エンタメ, ブログ 一覧, 最新記事

執筆者:


コメントを残す

関連記事

一般的な「ぼっちクリスマス」の過ごし方を紹介しますww

シングルベルの聖夜はネカフェでメリーパチリマスだコロン(笑)の巻 ども!aikoの「カブトムシ」を聴くたび今でも涙してしまうセンチメンタル管理人です。 え?クリスマスですか? 全く予定も何もないですけ …

復讐の毒鼓(原作:Meen、作画:Baekdoo)

スポンサーリンク <スポンサード リンク> 死ぬまでに絶対読んでおきたい!超絶面白い漫画作品①「復讐の毒鼓」 いきなりですが不定期連載シリーズはじめます(いつ終わるかも未定ですw) ここでは、漫画業界 …

最新スパ!デトックス初体験

ども!北条司先生の「エンジェルハート」をネカフェで読んで、感動泣きした(笑)管理人です。 引っ越しが終わり、新しい環境にもようやく慣れてきて、落ち着いてきたので久々に近所のネカフェ「アルファ」に行って …

【お知らせ】2016年10月の最新映画・公開日スケジュールを更新しました!

映画大好き管理人がオススメする「最新映画の公開日スケジュールと劇場予告動画」おまとめページ。  (注:完全にお気に入りの作品しか紹介していませんw) <スポンサード リンク> 【10月】 10月7日公 …

とある漫画家志望の「デビュー後燃え尽き症候群」の話

とある漫画家志望の「デビュー後燃え尽き症候群」の話 子供の頃から漫画が大好きで漫画ばかり読んでいました。 やがていつの間にか自分でも漫画を描くようになり、将来は漫画家になりたい!と思うようになって、朝 …

<スポンサード リンク>

<スポンサード リンク>




人気ブログランキング

漫画・アニメランキング
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ にほんブログ村